東大のケーキ一切れ分。

東大のケーキ一切れ分。

東京大学大学院に合格するための方法と勉強法、ライフハックコラムを紹介!

本当のお金持ちになるために大学生・20代が読むべき本【金持ち父さん 貧乏父さん レビュー】

フォローする

はじめての方に読んでほしい記事を Pick Up!
この記事をシェアする

f:id:minatoblog:20170313132943p:plain

 

金持ち父さん 貧乏父さん

 

 どうも!みなこです!

 

今回は初めての試み、20代からのお金のお話をしたいと思います。

 

「大学生の身でお金について学んで何ができるんだ!」

 

と私はずっと思い続けていました。

 

自分で稼ぐ手段としてはせっせとアルバイトをするくらいで、それは全て部活の費用や飲み会代に使い切ってしまっていました。

 

「でも仕方ない、学生だもの。収入がそもそも少ないんだから、お金がなくなるのも当たり前。」

 

私のこのような考え自体が根本から間違っていました。

 

  • お金については、勉強と同じように学ばなければならないものであるということ
  • お金について学ぶのは早ければ早いほうが、より早くお金持ちになれるということ

をある本を読んで痛感しました。 

 

それが、「金持ち父さん 貧乏父さん」です。

 

この本の表紙に見覚えがある人は多いはずですが、

 

実は改訂版が出ていまして、こちらが最新版です!

 

2000年に出版され、大ベストセラーとなった本です。

私のように大学院生、大学生の方は、話題になった当時はまだ小さかったため、知っているけれど読んだことがない人が多いかもしれません。

 

そんなあなたにこそ、ぜひ読んでいただきたい名作です。

 

お金について何の知識もなかった私にとっての常識を、この本によって大きく覆えされました。

 

そして、まだお金についてあまり知識のない大学生、20代こそがはじめに読んでおくべき必読書だと確信しています。

 

この本をいま読むか、読まないか

 

という選択によって、あなたが将来「金持ち父さん」になるか、「貧乏父さん」になるのかが決まってしまうかもしれません。

 

お話は、将来お金持ちになる著者の少年時代からはじまる

 

この本では、著者の少年時代からお話がスタートします。

この少年がお金持ちになりたいという野望を叶えるため、金持ち父さんに教えを乞います。

 

しかし、この金持ち父さん、なかなか曲者なのです。

初めからは素直にお金持ちになる秘訣を教えてもらえません。

 

金持ち父さんは、この少年に実際に体験させることによって、お金持ちになる考え方を教えていきます。

 

そして少年にもわかりやすいように、世の中のお金の仕組みとその動き方について、金持ち父さんは一つずつ丁寧に話してくれるのです。

 

チャンスを逃さない

 

チャンスを逃さない 

 

この言葉には、何の物珍しさもありません。

しかし、この言葉の本当の意味を知っている人はほとんどいません。

 

この本には、この言葉の意味の理解者が人生においてどれだけ大きな変革をもたらすのか教えてくれます。

 

そして、そう。

いまこの文章を読んでいるあなたも、将来金持ち父さんになるチャンスに遭遇しているわけです。

 

この本でも度々この言葉が使われています。

 

この言葉を理解し行動できた人と、理解できなかった人が、その後どのような人生を歩むことになったのか、この本では紹介されています。 

 

いやでもこの言葉の大切さを理解できることでしょう。

 

ラットレースから抜け出せ

 

この本の一番大きなテーマと言ってもよいでしょう。

 

ラットレースとは、生きるために必死にお金を稼ぎ続けなければならない状態のことを指します。

毎日毎日必死に働くにもかかわらず、景色が変わらないという表現も使われています。

 

もちろん生きるためには、お金を稼がなければなりません。

ほとんどの人が日々生活をするため、よりよい生活をするために仕事をします。

 

もちろんそのこと自体はとっても大切なことです。

 

しかし、その働き方をただ続けてしまうことがラットレースだ、とこの著者はいいます。

 

ラットレースから抜け出すためには何をすべきなのか、がこの本のテーマです。

 

本当の資産を持つ

 

この本では、誰もが目標としている、家や車などを負債として考えています。

これらをローンを組んで購入してしまうと、その支払いのために働かなければならないからです。

 

逆に、毎日少しずつでもお金を生み出してくれるものは、資産として定義しています。

 

分かりやすいのが、家や土地を他の人に貸すことによって得られる家賃収入ですね。

 

この本では、素人でもすぐに思いつくこと以外にも、資産を手に入れるためのさまざまなアイデアを提供してくれます。

 

この資産と負債の違いを、大学生・20代のうちに知っておくことで将来、金持ち父さんになるための道が開かれることは間違いありません。

 

まとめ

 

当たり前ですが、この本を読むだけでお金持ちになれるわけではありません。

 

しかし、この本を読むことで、非常にわかりやすい言葉で、金持ち父さんになるために必要なマインドを学ぶことができます。

 

お金を稼ぎ始めた20代、まだ本格的にお金稼ぎ始めていない大学生にこそ、読んでいただきたい一冊です。

 

お金持ちになるためには、学ばなければなりません。

 

学ばないかぎり、金持ち父さんにはなりません。

 

そしてそれは、早ければ早いほど、早く金持ち父さんになれるのです。

 

この本はきっと、あなたのお金の流れを見る目を変えてくれます。

 

あなたの人生の大切な一冊になることでしょう。

 

 

 

あたなの1クリックが私の大きな応援になります。

  

にほんブログ村 受験ブログ 大学院受験へ
にほんブログ村


大学院受験 ブログランキングへ