東大のケーキ一切れ分。

東大のケーキ一切れ分。

東京大学大学院に合格するための方法と勉強法、ライフハックコラムを紹介!

「武器としての書く技術」はまさに全ての働く人必見の内容だった【書評】

フォローする

はじめての方に読んでほしい記事を Pick Up!
この記事をシェアする

f:id:minatoblog:20170322105255j:image

武器としての書く技術

 

どうも!みなこです!

 

いつも読んで下さっている人はご存知、私みなこは最近電子書籍リーダーのKindle を買ったんですよー

 

電子書籍リーダーKindleのレビューと4000円割引きで買う方法はこちら

www.minako01.xyz

 

でね!

 

もともと好きだった読書にますますハマってる毎日です。

(Kindleは軽いし、目も疲れないしめっちゃいいよ!)

 

まさに読書の秋!

(現在冬なんだよなー)

 

今回ご紹介するのは、イケダハヤトさんが著者の「武器としての書く技術」

 

 

実は、ブロガーの間ではかなり話題になってる本なのです。

 

では、さっそく書評いきましょ!

 

「書く技術」を武器に生きる

 

著者のイケダハヤトさんは、ブロガーの中では言わずと知れた超有名人。

 

イケダハヤトさんが運営するブログ

「まだ東京で消耗してるの?」(http://www.ikedahayato.com/は、

月間80万人が訪れ、年収は2500万円。

 

まさに書くことで生きているプロブロガーです。

 

この本はイケダハヤトさんの生き方と書く技術を惜しみなく披露した一冊です。

 

以下はこの本の内容を端的に記した一節です。

 

この本で披露するのは、

どうやれば

人の目を引く文章が書けるか、

どうやれば

面白い文章が書けるか、

どうやれば

書くことをお金に換えられるか、

どうやれば

書くことで人生を変えられるか

についてのノウハウです。

 

この本の内容を私なりにまとめるとこうなる

 

  • 今までの文章術は、きれいな文章を書く技術。それは読者がいることを前提にしている。

 

  • でも、これからはウェブ上で文章を発信する時代。読者は自分で集めなければならない。ストリートライブと一緒だよね。

 

  • なので「武器としての書く技術」が必要

 

  • それには4つの力が求められるから説明するね。

 

  • そして書くことで月50万稼ぐ方法を公開するよ。

 

全ての働く人がこの本を読むべき理由

 

この本を読み終えたときの感想は、

「読んでよかった」

ということだ。

 

そして、

この本を読まなければ、自分のブログの方向性や生き方が大きく変わっていただろう

 

まず、私のようにログを書いている人には必見の内容であることは間違いない。

 

何かを成し遂げようとするときには、必ず成功者、先駆者の知恵や工夫を知っておくことが一番の近道になるからだ。

(ってことで、ブロガーの皆さんで読んでいない人は今すぐに読んだほうがいいよ!)

 

また、この本からは、ビジネスモデルをも学ぶことができるのだ。

 

ブログで何万円稼ぎました!とか

簡単副業で月何万円!というタイトルの本が巷に溢れかえっている時代。

 

「本当にそんなことが可能なのか」

「本当に誰でも簡単に稼ぐことができるのか」

 

を今一度考えてみる必要がある。

 

イケダハヤトさんは、この著書で度々繰り返して言っています。

ブログを書くことで生活するなんて、めっちゃ大変なこと。全然簡単じゃないよ。

 

お金を稼ぐことがどれだけ難しいか皆知っているはずなのに、なぜかネットビジネスになると楽して稼げるという風潮が今でも平気で言われる。

 

その風潮をぶった切るようなイケダハヤトさんの文章は、気持ちがよかった。

 

しかし、実際このイケダハヤトさんのようにブログで飯を食べている人も存在している。

 

彼らが

  • どのようなライフスタイルで
  • どのような知恵を駆使して
  • そしてどのようなビジネスモデルで

書くことをお金に変えているのか、を学ぶことができることに、私はこの本の真の価値を感じた。

 

私のような学生でも、

どのような仕組みで世の中のお金が流れているのか

どうすればそれを自分のもとへ引き入れることができるのか

を勉強することができる

まさに教科書のような一冊であることは間違いない。

 

 

あたなの1クリックが私の大きな応援になります。

  

にほんブログ村 受験ブログ 大学院受験へ
にほんブログ村


大学院受験 ブログランキングへ