東大のケーキ一切れ分。

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

東大のケーキ一切れ分。

東京大学大学院に合格するための方法と勉強法、ライフハックコラムを紹介!

東京大学大学院 新領域創成科学研究科の勉強法

フォローする

はじめての方に読んでほしい記事を Pick Up!
この記事をシェアする

f:id:minatoblog:20170127130609j:image

新領域創成科学研究科の勉強法

私は、外部の大学から新領域創成科学研究科のメディカル情報生命専攻を受験し受験し、合格しました。

 

今回は私が行った、新領域創成科学研究科の勉強法を紹介します。

 

ちなみに私は、学部は理学部で専門は分子生物学でした。なので生物系で大学院入試を受けようと思っている方にはかなり共通する部分があるはずです。

 

また、新領域創成科学研究科のメディカル情報生命専攻を受験したのですが、先端生命専攻と直前まで迷っていましたので、どちらの研究科の対策も行っていました。

 

なので、新領域創成科学研究科の

メディカル情報生命専攻

先端生命専攻

それぞれの研究科に合格するための勉強法を紹介していきます。

 

メディカル情報生命専攻の勉強法

はじめにメディカル情報生命専攻の勉強法を紹介します。

 

この新領域創成科学研究科は様々なバックグラウンドの学生を受け入れている研究科です。

 

理学部、工学部、薬学部、農学部といった理系のほぼ全ての学生が受けることができます。

 

そのため、入試問題の質が他の研究科とは一味違います。

 

まず、選択できる問題数が非常に多いです。

つまり、学部時代それぞれの大学生が学んだ専門の科目を選択して受験できます。

 

それは、とても良い入試の制度だと思うのです。

 

しかし、、、

 

大問を4つほど選択して解かなければいけないのですが、4つ全てが自分の専門にぴったり当てはまるどうかはわかりません。

 

私は、大問4つ中2つはある程度自分の専門に近い出題だったのですが、

あとの2つは中途半端にしか学んでいない範囲で東大の院試レベルの問題は全く解けませんでした、、、。

 

おそらく比較的広い分野を専門としている方ならばある程度適応できるでしょうが、私のように生物学の中の分子生物学といった狭い範囲を専門とする方は、対策が必要になります。

 

そのために私が行った対策、勉強法を紹介します。

 

とはいっても、まずはこの本で生物学全体の知識を蓄えましょう。

 

細胞の分子生物学

通称 The Cell です。生物学を学ぶ学生なら誰もが知る教科書です。

 

The Cell には本に載っている20章分に加え、付属CDにpdfファイルで21章から25章が掲載されています。

 

まずは、The Cell の本書に含まれる20章までの内容を自分で説明できるように理解しましょう。

 

具体的な使い方、お勧めの暗記法については以下の記事を参考にして下さい。

 

minatoblog.hatenablog.com

 

minatoblog.hatenablog.com

 

 

しかし、新領域創成科学研究科のメディカル情報生命専攻の場合、The Cell に含まれている内容だけでは全く足りないのです。

 

私は The Cell を全て覚えましたが入試問題は解けませんでした、、、

 

The Cell の20章までを終えたら、

過去問を分析します。

 

すると、

 

「The Cell 読んだのに知らない」

 

という範囲があると思います。

 

その中でも自分が入試で選択する可能性のある内容を把握します。

実はそれらの内容は The Cell の21章から25章に含まれているものが多いのです。

 

そして、自分でピックアップしたThe Cell の21章から25章のうち必要なところを読んでいきます。

 

「これでもう大丈夫!」

かと思いきやまだ解けない部分があるんですよね。

そこが曲者というか、きちんとこの研究科に向けて対策しているかを分ける問題なのでしょう。

 

ここからは選択によって異なってきますが、私の場合、免疫やウイルス、がん、抗がん剤の範囲かなり穴がある状態でした。

 

そこで、次にそれらを専門書勉強しました。

 

免疫学の教科書はこれが一番わかりやすく、入試問題にも十分対応できました。

 

免疫生物学

 

ウイルスやがん、抗がん剤の範囲は、新たに教科書をするというよりも、過去問を遡って分析を行いました。

 

すると、過去に何度も出題されているウイルスの種類やがんの問題、抗がん剤の種類があることに気づきました。

 

それらのウイルスやがん、抗がん剤についての特徴をインターネットを使って調べていきました。

 

そして、それらの内容をノートにまとめ、メディカル情報生命専攻用の対策資料として暗記していきました。

 

ここまでやっておけば、十分合格点に達成できるでしょう。

 

範囲は膨大ですが、めげずに取り組みましょう。

 

先端生命専攻の勉強法

先端生命専攻の勉強には、

 

「これを使いなさい」

 

という代々先輩方から伝わる必読書があります。

 

それがこの教科書です!

 

理系総合のための生命科学 第3版〜分子・細胞・個体から知る“生命"のしくみ

 

先端生命専攻を受験する方は必ずやっておきましょう。

この教科書さえきちんと理解し暗記できていれば、ほとんどの問題に対応することができます。

 

まずはこの教科書を覚えきってしまいましょう。

 

教科書のレベル的には The Cell よりは易しい内容ですが、The Cell に載っていない部分も多く、そこが先端生命専攻の入試で出題されたりもしています。

 

ぜひマスターしてください。

 

この教科書をやり終えたあとに、過去問を分析し、出題されそうな範囲を The Cell で補強するという勉強法が良いでしょう。

 

 ぜひ参考にしてみて下さいね!

 

あたなの1クリックが私の大きな応援になります。

  

にほんブログ村 受験ブログ 大学院受験へ
にほんブログ村


大学院受験 ブログランキングへ

 

minatoblog.hatenablog.com

 

minatoblog.hatenablog.com

 

minatoblog.hatenablog.com